「日本は律儀な社会主義へ」 米紙社説で痛烈批判

【ニューヨーク=福山万里子】 米紙ウォールストリートジャーナル・アジア版は18日、「日本は律儀な社会主義へよろめきながら向かっている」(“Japan Stumbles Toward Honest Socialism”)と題した社説を掲載した。東京電力の原子力発電所事故に伴い、日本政府が13日に決定した損害賠償を支援する枠組みについて、のっけから

「東京電力を救済するなどという、徹底的な失策としか言えない政府のいかさま計画が、あたかも前向きなことだととらえられるのは、日本だけ」

と、痛烈に揶揄している。

同社説では、枝野幸男官房長官が13日の会見で、金融機関の債権放棄が前提としたことへ、政財界から戸惑いや反発が広がっていることを詳しく紹介。

「より市場主義経済の国では、もちろん東京電力には破産の道しか残されていない」

「ここまで大打撃を受けた会社が、問題を公正に解決するには、破産が最も信頼できる方法だと証明されている」

と主張している。

日本ではJALの例を出し、破産が極力避けられてきたが、

「そうした姿勢をこれまで良しとしてきた国民の間でも、東京電力のような企業リスクを、どのような社会主義的方法で受け入れるか、という公な議論は始まっている」

と説明。

その理由は、

「菅直人首相率いる民主党政権は、普通なら政権内部で行われる意見調整の能力がないため、こうした話し合いを公の場で行っているから」

だという。

「もし日本政府が、東京電力を破産させるという正しいことをしないのなら、少なくとも間違ったことを正しい方法で行っている(=公の場で協議しながら、東電救済を行う)」

と、最後は皮肉たっぷりに締めくくっている。

広告
カテゴリー: ニュース from US, 人気の過去記事 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中