今度は「ロシアのGoogle 」 ネット企業上場ラッシュ

【ニューヨーク=志茂真奈美】 またもや、ネット企業が上場だ。ロシアのGoogleと呼ばれるサーチエンジン「ヤンデックス(Yandex)」が24日、ニューヨーク、ナスダック市場に株式を上場する。予定価格は一株20〜22ドルで、5220万株が公開される。この上場により、同社とその株主は10億ドル以上を市場から調達する見込み。

ヤンデックスは、1997年にサービスを開始したロシアを拠点とするサーチエンジン。ロシア国内では人気が高く、サーチエンジンの分野では65%のシェアを誇る(ちなみにGoogleは22%)。今年3月の、月間ユニークユーザの数は3830万人。現在ロシア語の他に、英語、ウクライナ語、ベラルーシ語、カザフ語をサポートする。2010年度には売り上げ4億4千600万ドル、営業利益1億3600万ドルを計上した。

今回の上場で注目されるのはヤンデックス社が自ら「(我が社の)売り上げの伸びは、今後スローダウンするだろう」と公言している点だ。というのもロシアでは今年1月、政府主導のサーチエンジン設立の計画が発表され、この計画が実現するとヤンデックス社にとっては大きな痛手となるからだ。また同社は、ロシアでは政局の変化により企業経営の行方が左右される可能性がある事、同社のデータ・センター等が保険によって全くカバーされていない事など、ロシア企業にみられる独特の懸念も明らかにしている。

しかし、こうしたマイナス要素の数々にも関わらず同社の新規公開株には買い付け注文が殺到、わずか一日で申し込みが締め切られた。

中国のレンレン、米国のリンクトインが相次いで上場し、ネットバブルに沸くニューヨークの株式市場。ヤンデックスのIPOに投資家達はどう反応するのだろうか。

広告
カテゴリー: ニュース from US, IT ビジネス タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

今度は「ロシアのGoogle 」 ネット企業上場ラッシュ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【速報】露のGoogle 「ヤンデックス」が上場 初値は35ドル | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中