米ジンガ社が新ゲームを配信開始 上場への促進剤になるか?

【ニューヨーク=志茂真奈美】 「シティービル」「ファームビル」等、 Facebook や携帯電話上のソーシャルゲームの分野で圧倒的なシェアを持つ、米国の「ジンガ (Zynga)社」が6月1日、新製品「 Empires & Allies (エンパイア&アライズ=帝国と同盟国)」の配信を開始した。英、西、中国語等の主要言語の他、同社ゲームとしては初めてマレー語、韓国語、ノルウェー語をサポート。合わせて12カ国語でプレイできる。現時点では、日本語版はない。

Image: Zynga

ジンガ社では、Empires & Allies は今までの同社製品とは違う画期的なゲームとしている。大ヒットした「シティービル」に代表される、単純さ、気軽さが売りの製品とは異なり、Empires & Allies ではストーリーが展開され、ゲーム進行にあたりプレイヤーの戦略が要求されるという。

ジンガ社は近々株式市場に上場するのではないか、と噂されている。2007年にサンフランシスコで設立された同社は、SNSブームに乗って急成長をとげ、現在では月間ユーザ数2億1500万人を誇る。時価総額100億ドル(=約8072億円)とも言われるジンガ社にとって、新ゲームはIPO実現へ向けての促進剤となるのか?

広告
カテゴリー: IT ビジネス, Uncategorized タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中