選対本部長にレーガン2期目の敏腕顧問 ミシェル・バックマン陣営

【ニューヨーク=福山万里子】 13日の共和党ディベートで、2012年米大統領選への正式出馬を表明したばかりのミシェル・バックマン陣営が、保守派の敏腕選挙コンサルタントを選挙対策本部長として迎え入れたことがわかった。AP通信などが報じた。

ミシェル・バックマン下院議員(55)の選対本部長に就任したのは、故レーガン大統領とブッシュ副大統領(当時)が2期目を狙った1984年の大統領選で、全米50州中49州を獲得するという圧勝の立役者、エド・ロリンズ氏(68)。

2008年の大統領選では、前アーカンソー州知事で南部バプテスト派の牧師マイク・ハッカビー候補の選対本部長を務めた。ハッカビー候補は同年1月のアイオワ州党員集会で首位に躍り出て、全米を驚かせた。

中絶や同性婚に反対する、共和党の基礎票キリスト教保守派に肩入れすることで有名なロリンズ氏は、レーガン・ブッシュ2期目の成功にも関わらず、1988年に父ブッシュ氏が大統領候補となった際には、「(父ブッシュ氏は)あまり保守ではない」という理由で、共和党対立候補故ジャック・ケンプ陣営で選対本部を指揮した。

中道保守を嫌うため、2008年当時もミット・ロムニー候補を毛嫌いしている。今回の選挙戦でも、最もハッカビー路線を継承するキリスト教保守のバックマン陣営に入ったことで、ロムニー支持層に揺さぶりをかけるのは必至と見られている。

ミシェル・バックマン米下院議員、共和党ディベートで出馬表明

広告
カテゴリー: ニュース from US タグ: , , , , , , パーマリンク

選対本部長にレーガン2期目の敏腕顧問 ミシェル・バックマン陣営 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ミシェル・バックマン米下院議員、共和党ディベートで出馬表明 | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中