JCペニーがアップル小売部門の重役をヘッドハント 

ロン・ジョンソン氏 (Image:Apple)

【ニューヨーク=志茂真奈美】アップル社の小売部門を率いる重役、ロン・ジョンソン氏が、米の大手デパート・チェーン「JCペニー(JC Penny)」に、CEOとして迎えられる事になった。正式就任は今年11月の予定。

ジョンソン氏は、52歳。スタンフォード大学を卒業後、ハーバード大学でMBAを取得。スーパーマーケット・チェーン「ターゲット(Target)」を経て2000年1月に、アップル社、小売部門担当の重役となった。それまではコンピュータ機器の製造のみを行って来たアップルに、直営小売店「アップル・ストア」をオープンさせた立役者。既存のコンピュータ販売店のイメージを覆す、スタイリッシュで洗練された「アップル・ストア」を象徴的ブランドとして確立、世界11カ国、323店舗にまで拡大させた。そのジョンソン氏が去ってしまう事は、アップルにとって大きな痛手だろう。

ジョンソン氏は、既に自ら所有していたアップル株を売却して4億ドル(=約322億円)以上を手にしている。それゆえ、今回の氏の決断は「金のためではなく、CEOの肩書きを得られるチャンスを逃したくないから」だと見られている。

このニュースを受けて、JCペニーの株価は14日、17.47%も上昇した。

広告
カテゴリー: ニュース from US, IT ビジネス タグ: , , , , , , , , パーマリンク

JCペニーがアップル小売部門の重役をヘッドハント  への1件のフィードバック

  1. ピンバック: グーグルがアップル幹部を引き抜く 「極秘プロジェクト」のため | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中