「2012年消えるブランド?」 ソニー・ピクチャーズ 米ニュースサイト

【ニューヨーク=福山万里子】 毎年数回にわたり、「来年までに消えるブランド」の予想を発表している米ビジネスニュースサイト24/7 Wall St.は22日、「2012年までに消えるブランド、トップ10」を発表した。ソニー傘下の映画会社ソニー・ピクチャーズのほか、携帯電話のノキア、自動車のサーブなどの名前が挙がっている。

リストの真っ先に名指しされたソニー・ピクチャーズは、親会社ソニーの業績悪化が理由という。主力の電子機器がアップルの攻勢にたじたじなことや、競争の激しいゲーム部門の低迷に加え、東日本大震災とハッカー問題で大打撃を受けたソニーにとって、「多くのメディア企業が狙っている映画部門の売却以外に道は残されていないだろう」、と予測されている。

以下、リストに挙がったその他のブランド。

  • A&Wレストラン (1919年創業の米ファストフードチェーン)
  • サーブ (スウェーデンの自動車メーカー)
  • アメリカンアパレル (ロサンゼルス本社の衣服メーカー)
  • シアーズ (廉価量販の米百貨店)
  • ソニー・エリクソン (英ロンドンに本部を置く携帯電話メーカー)
  • ケロッグCorn Pops (人工調味料・甘味料たっぷりの米シリアル製品のひとつ)
  • マイスペース (米のソーシャル・ネットワーク・サービス)
  • ソープオペラダイジェスト (米の昼ドラ専用の情報誌)
  • ノキア (フィンランドの携帯電話メーカー)
  • 「ノキアは死んだ」とハッキリ明言しているほか、ノキア同様アップルや台湾の携帯電話メーカーHTCに後れを取っているソニー・エリクソンの行方が注目されるところだ。

    ただし、このリストで予測されたすべてのブランドが消滅するわけではない。昨年リスト入りした韓国の自動車メーカーKIA(起亜自動車)や、原油流出事故を起こした英の石油メジャーBPはその後業績を回復。一昨年にはもうダメだと思われていた米携帯電話メーカーのモトローラ、GAP傘下の衣料品小売店Old Navyなども、なんとか持ち直している。

    広告
    カテゴリー: ニュース from US タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中