フォースクエア 5千万ドル調達 時価総額は6億ドル!

位置情報利用型のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、フォースクエア(foursquare) が、投資会社アンドレッセン・ホロヴィッツより、5000万ドル(=約40億2000万円)の投資を新たに受けた事が明らかになった。同社の時価総額は、6億ドル(約482億円)と見積もられたという。

フォースクエアは2009年、現CEOのデニス・クローリー氏らによって設立された、ユーザの位置情報を利用したSNS。ユーザが今、自分がどこにいるのかを「チェックイン」すると、友人達にその情報が公開される、という仕組み。指定の場所へ「チェックイン」すると「バッジ」が貰える、といったゲーム的要素や、レストランや観光スポットの口コミ情報をシェアできる実用性等で人気を集め、「ツイッターの次に来るのはフォースクエア」とも噂されている。現在のユーザ数は、全世界で約1000万人。

今回、新規に巨額の投資を受けた事について、クローリー氏は同社のブログ上で、「今回の増資で、更なるエンジニアの雇用が可能になった。これからは、国際展開を進め、数々の新しい事に挑戦して行きたい」と語っている。

(志茂真奈美)

広告
カテゴリー: ベンチャー・キャピトル, IT ビジネス タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中