レディー・ガガさん、東日本大震災チャリティーブレスレットで集団訴訟

【ニューヨーク=福山万里子】 先週から来日中の人気歌手レディー・ガガ(本名ステファニー・ジャーマノッタ)さんが24日、3月の震災直後から自身のホームページで販売している東日本大震災の被災者支援を目的としたブレスレットを巡り、本国アメリカで集団訴訟を起こされた。

ミシガン州東部地区連邦地方裁判所に提出された訴状は、こちら(英語:PDF書類)

ミシガン州デトロイト郊外の弁護士事務所1-800-LAW-FIRM(従業員38人)で、今回の訴訟を担当しているアリ・クレッシュ氏によると、「5ドルのブレスレットに法外な送料(3.99セント)を取っている他、寄付は課税対象にならないはずなのに、購入者別に各州の消費税を徴収している」として、レディー・ガガさんと所属事務所、レコード会社などに対し、損害賠償と弁護士費用の負担、代金の払い戻しを要求している。

27日、The Wall Street Newsの電話取材に応えたクレッシュ氏は、「(ミシガン州在住の)原告の女性から、3週間前に相談された」ことを明かしたが、現在のところ何人が訴訟に加わっているかは明らかにしなかった。また、「寄付受付団体は複数に分かれているので、どの程度の額が日本に渡ったか定かではない」という。

同弁護士事務所は、交通事故や職場でのけが、公害などの訴訟を引き受けるテレビコマーシャルを、地元ミシガン州で流していることで有名で、「一部のファンから、原告や弁護士事務所の売名行為だと言われているが、日本の被災者救済を名目に寄付金を横領し、売名行為をはたらいているのは、レディー・ガガのほうだ」と、あくまでも強気だった。

広告
カテゴリー: ニュース from US タグ: , , , , , パーマリンク

レディー・ガガさん、東日本大震災チャリティーブレスレットで集団訴訟 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「日本を支援するファンの行為をないがしろに」 レディー・ガガ広報 | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中