米ヤフー危機? アリババ問題で大株主に見限られる

米ヤフーの大株主であるヘッジファンド「グリーンライト・キャピタル (Greenlight Capital)」が、所有のヤフー株、850万株を全て売却していた事がわかった。ヤフーと中国アリババ社との確執が、決定打となったようだ。

グリーンライト・キャピタルはデビッド・アインホーン氏が経営するヘッジファンド。アインホーン氏はリーマン破綻を予測した事で一躍有名になった投資家で、過小評価されている企業を見つけ出し、積極的に投資をする事でも知られている。

グリーンライト社は今年前半、ヤフー株を大量に取得。所有株数第20位の株主となった。株取得について同社は、「中国アリババ社がヤフーの持つ最も価値ある資産と位置付けた」事が、大きな理由であるとしていた。

ところが、5月に入りヤフーとアリババの間で、アリペイ社の所有をめぐるトラブルが勃発。アリババ社の所有が、価値ある資産と呼べるかどうかが疑問視される結果になった。

グリーンライト社は7日付のインベスター・レターの中で、「今年前半のヤフー株を購入は、中国資産を計算に入れてのもの。しかし取得直後に、
(その資産である)中国企業のCEOが、自分個人の経営する企業に子会社を移してしまい、資産価値そのものが疑わしいものとなった。以来、あらゆる方向への非難が始まった。これは我々の意図していた状況ではない。損害が少ないうちに手を引く事にした」と、ヤフー株の売却について説明している。

ヤフー、アリババの歩み寄りで、収束するかに見えた騒動だったが、ヤフー社は、思わぬ方向から手痛い一撃を受ける事となった。

(志茂真奈美)

中国アリババ社とトラブルで米ヤフー株が続落中 ソフトバンクも (5/13/2011)
米ヤフー、アリババ問題に補償金で決着へ (5/25/2011)
アリババ社の馬雲氏、ヤフー問題「楽観視している」 (6/2/2011)

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , パーマリンク

米ヤフー危機? アリババ問題で大株主に見限られる への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 米ヤフー社のキャロル・バーツCEOが、電話一本でクビに | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中