製造中止決定のHP「タッチパッド」が米でベストセラーに

【ニューヨーク=志茂真奈美】 人気低迷で製造中止が決定されたばかりの、ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard 以下HP)社製のタブレット「タッチパッド(TouchPad)」の売れ行きが、ここに来て急上昇。全米各地の小売店で売り切れが続出しているという。一台99ドルという投げ売り価格への値下げが、その理由のようだ。

HP のタブレットPC「タッチパッド」 (image: HP)

タッチパッドは、今年7月1日に発売されたHPのタブレット型パーソナル・コンピュータ。当初の価格は、16GBのモデルが499ドル、32GBが599ドル。しかし、売れ行きはさっぱりで、米大手家電販売チェーンのベスト・バイでは仕入れた27万台のうち2万5千台しか売れなかったという。

そして先週、HPは発売からたったの48日でタッチパッドの製造中止を決定、同時に在庫を99ドル(16GB)、149ドル(32GB)に値下げすると発表した。

すると直後から、タッチパッドのバカ売れが始まったのだ。

現在、HPのオンライン・ストアでは、全モデルが売り切れ状態。ベスト・バイもほぼ全ての在庫をさばいたという。アマゾン・ドット・コムの電子機器ベストセラー・ランキングでは堂々の一位。その他の小売店でも、売り切れが続出している。

タッチパッド一台を製造するには、約300〜400ドルのコストがかかるという。しかし残念ながら消費者にとって、タッチパッドには「99ドルの価値」しかなかったようだ。今回、在庫が全て売れたとしても、HPには大きな損失になる。

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

製造中止決定のHP「タッチパッド」が米でベストセラーに への3件のフィードバック

  1. ピンバック: HPが迷走中? タッチパッドの増産を決定 | The Wall Street News

  2. ピンバック: 今度はRIMの「ブラックベリー・プレイブック」が大幅値下げ | The Wall Street News

  3. ピンバック: アマゾンが独自のタブレット「Kindle Fire」を発売へ | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中