米国の貧困率がさらに悪化 90年代前半のレベルに

【ニューヨーク=志茂真奈美】 13日に発表された米国国勢調査のデータによると、2010年度の米国の貧困率は15.1%と、1993年以来、最悪の数字となった。ちなみに2009年度は14.3%。

全米で、約4620万人が貧困に苦しんでいる事になる。

経済ニュース・サイトCNNマネーでは、国勢調査の結果を分析、以下のようにまとめている。

経済大国アメリカはどこへ?

<中流家庭の資産が低下>
中流家庭では、1世帯あたり平均収入が2009年度の49,777ドル(=約383万円)から、49,445ドル(同380万円)に減少した。

実は米国では、中流家庭の世帯収入には、この30年、あまり大きな変化が見られない。インフレ率を考慮して計算した場合、2010年度の収入は1980年度に比較して、わずか11%の増加。一方、上位5%の富裕層の世帯収入は、同じ期間に42%も上昇している。富める者はさらに富み、貧しき者は、はさらに貧しく、という傾向が顕著だ。

さらに、下位60%の世帯では収入が減少、一方で年収10万ドル以上の世帯では収入が増加、という結果になっている。

<より多くの子供が貧困に>
18歳未満の子供の貧困率は、22%も上昇。18歳〜64歳では13.7%、65歳以上では9%の上昇だった。

<南部で最も深刻な事態>
最も貧困が深刻なのはミシシッピ州で、平均的な世帯収入は、わずか37,985ドル(同292万円)だった。
貧困率を地域別で見ると、最も高かったのは南部の16.9%。最も低かったのは、ニューヨーク州などを含む北東部の12.8%。中西部では13.9%、西部は15.3%。

<健康保険に非加入者が増加>
日本のような国民保険制度がないため、国民の多くは民間の医療保険に加入するしかないが、保険料が高額で、加入をあきらめる人が増えている。2010年度の健康保険非加入者の数は約4990万人。前年度より、90万人増加している。

2010年度は、4人以上の世帯で世帯年収が22,314(同172万円)ドル以下、個人では11,139ドル(同86万円)以下を持って貧困と位置づけられた。貧困を定める基準は、毎年、インフレ率に応じて定められる。

当然の事ながら、これは、あくまで昨年度の統計である。2011年度の数字は一体どうなってしまうのだろうか。アメリカ経済の現状を考えると、想像するのは余りにも気が重い。

これがアメリカの現実だ 〜NJ州 ホームレス村 (2011年 9月10日)

広告
カテゴリー: ニュース from US タグ: , , , , , , , パーマリンク

米国の貧困率がさらに悪化 90年代前半のレベルに への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 全米一「貧乏な郵便番号」の町 住宅価格たったの52万円 | The Wall Street News

  2. ピンバック: 全米で最も「不健康な」州は、10年連続でミシシッピ | The Wall Street News

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中