アマゾンが独自のタブレット「Kindle Fire」を発売へ

(Image: Amazon)

【ニューヨーク=志茂真奈美】 iPadが一人勝ちを続けるタブレットPC市場に、今度はアマゾンが参戦を表明した。

IT情報サイト、TechCrunchによると、新タブレットは「キンドル・ファイアー(Kindle Fire)」。今月28日にニューヨークで開かれる会見で、初披露される。発売は、クリスマス商戦に間に合わせるべく、11月半ばの予定だ。

ディスプレイのサイズは、7インチ程度。RIM社のブラックベリー・プレイブックに似たデザインだという。

アマゾンでは独自のタブレットを発売する事で、自社サイトからのMP3や、電子書籍のダウンロード販売を増進したいものと見られる。特に、欧米の音楽ダウンロード市場では、iTunes が大きくリードしているため、これに歯止めをかけたいものと思われる。

根強い iPad人気で、各社が苦戦を強いられているタブレット市場。キンドル・ファイアーは、勢力図を塗り替える事ができるだろうか。

製造中止決定のHP「タッチパッド」が米でベストセラーに (2011年8月22日)
今度はRIMの「ブラックベリー・プレイブック」が大幅値下げ(2011年9月17日)

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中