グーグルの音楽ダウンロードサービスがついに開始へ

【ニューヨーク=志茂真奈美】 グーグルが、iTunesに対抗する音楽ダウンロード・サービスを、年内に開始する予定である事がわかった。

米経済ニュースサイト、ビジネスインサイダーによると、グーグルはこのサービス実現に向けて、いくつかの大手の音楽レーベルと交渉中で、契約成立に向けて最終調整に入っているという。

音楽業界関係者の話では、グーグルが第4四半期(10〜12月)のうちに、音楽のダウンロード事業に参入する計画とのこと。まずは大手レーベルの楽曲を配信を開始、徐々にインディー・レーベル等にも拡大して行く予定だ。

グーグルは、長年に渡り音楽ダウンロードの分野への進出を狙っていた。しかし、レコード会社との楽曲の権利をめぐる交渉が難航、実現には至っていなかった。

音楽ダウンロードの分野では、現在 iTunesが一人勝ちの状態。アマゾンやパンドラが後を追っているものの、iTunesに大きく水をあけられている。今回、グーグルの参戦で、この構図は変わるのか。行く末に注目だ。

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中