マクドナルド、全世界で売上げアップ

(Image: McDonald's)

【ニューヨーク=志茂真奈美】 ファーストフード・チェーンのマクドナルドは21日、第3四半期の決算報告をし、全世界的に売り上げがアップした事を明らかにした。

同社の発表した決算によると、マクドナルドの7〜9月の売上げは71億6600万ドル(=約5460億円)、前年の同時期に比較して14%増加した。営業利益は 23億9400万ドル(同1830億円)と、同じく14%増。
 
同一店舗売上率を見ると、世界的には5%増。欧米、アジア太平洋地区、中東、アフリカの全ての地域でまんべんなく上昇した。まさに全世界で売上げが上がった事になる。

マクドナルドといえば、ファーストフードの代表格。手頃な価格が売りのレストラン・チェーンにとっては、世界的な景気後退が、追い風になったようだ。

同社CEOのジム・スキナー氏は「マクドナルドの第3四半期の結果は、我々の顧客を重視した強気の(経営)計画が順調な証拠。これからも長期的成長を目指した戦略を実施し、結果を出し続けたい」とコメント。今後も、メニューの最適化や利便性の上昇等に投資を続けて行くとしている。

広告
カテゴリー: ニュース from US, IT ビジネス タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中