全米一「貧乏な郵便番号」の町 住宅価格たったの52万円

【ニューヨーク=志茂真奈美】 90年代に一世を風靡した米人気ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」の原題は「Beverly Hills 90210」。90210はビバリーヒルズの郵便番号で、この郵便番号の住所に家を持つ事がステイタスになるが故、こうしたタイトルが付けられたと思われる。

このようにアメリカでは、郵便番号が何かによって、格付けがなされる傾向がある。ちなみに全米一「セレブな郵便番号」は07620。ニューヨークのお隣、ニュージャージー州アルパインの超高級住宅街の郵便番号だ。ウェズリー・スナイプスやスティービー・ワンダー等、有名人のお屋敷が立ち並ぶこの地域の平均的な住宅の価格は、455万ドル(=約3億4600万円)。現時点で最も高額な家は、 5300万ドル(同40億円)もする。

では、一番「貧乏な郵便番号」は何だろうか? それは48208、ミシガン州デトロイト市内の一地域の郵便番号だ。

米経済ニュースサイト、ビジネスインサイダーではこの郵便番号の地域の様子を写真付きで詳しく紹介している。記事によると、この辺り住宅の平均価格は、たったの6388ドル(同52万円)。廃屋と化した2LDKの一軒家の価格は、何と1ドルだ。

住宅街は荒れ放題で、空き家も目立つ。売り家が多く出ているが売れ行きは悪く、3ヶ月あたり10軒も売れないという。1ドルの家でさえ買いたくない地域、ということか。

世帯あたりの収入が1万5000ドル(同114万円)以下の家庭は40%以上。学校で給食費の一部、もしくは全額免除を受けている生徒は8割近いという。犯罪率も高く、とりわけ殺人事件の発生率は全米平均の8倍。強盗事件は6倍。25歳以上の人口で高卒の資格を持つのは7割以下だ。

住人さえもここに住むのを良しとはしておらず、1990年以降、約33%人口が減少。町は、益々さびれる一方だ。

米国では今、貧富の差が大きく広がり、格差社会ここに極まれり、というところまで来ている。ニューヨーク、ウォール街から全米各地に広がった占拠デモも、こうした格差に市民の不満が爆発した結果と言えるだろう。

【フォト】長期化の様相を見せるウォール街デモ (2011年10月15日)
米国の貧困率がさらに悪化 90年代前半のレベルに (2011年9月13日)
これがアメリカの現実だ 〜NJ州 ホームレス村 (2011年9月10日)

広告
カテゴリー: ニュース from US タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中