ジンガ IPO初日に早くも公開価格割れ

【ニューヨーク=志茂真奈美】 ソーシャルゲームのジンガが16日、ナスダック市場に株式を新規公開した。価格は一株10ドル。

午前11時頃、取引が始まった同社株は、出だしで11.50ドルの高値をつけたが、その後わずか3分で10ドルを割った。一時10ドル台を回復したものの、ほぼ終日9ドル台での取引が続いた。終値は5%安の9.50ドル。安値は9.0ドルだった。

グーグル以来の大型IPOと言われ、当初は注目を集めていたジンガの株式公開。残念な結果に終わったのは、タイミングの問題のようだ。

ジンガが、IPOを申請して以来、株式市場の状況が悪化の一途をたどったのに加え、ジンガという企業そのものの成長もスローダウン。悪化する経済を懸念して慎重になる余り、売り時を完全に逃してしまった形だ。

今年前半、株式市場をわかせたネット企業のIPOバブルは、完全に終焉を告げたようである。

ジンガがIPOを延期か 株式市場の低迷を懸念 (2011年8月29日)
ジンガ上場を我が手に! 敏腕バンカーの「戦略」とは? (2011年7月18日)
ジンガ社が上場申請 経営の全容が明らかに (2011年7月4日)

広告
カテゴリー: IT ビジネス, Uncategorized, 株式市場 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中