RIMの新CEOが問題の楽観発言「大きな路線変更は必要ない」

【ニューヨーク=志茂真奈美】 ブラックベリーの不振で窮地に陥っているRIM (Research In Motion)。創始者の2人がCEOの座を降り、 COO (最高執行責任者)だったソーステン・ハインズ氏が新たにCEO(最高経営責任者)に就任したが、同氏の経営方針についての発言が、早くも物議を醸している。

新CEO ソーステン・ハインズ氏 (Image: RIM)

問題の発言は、23日午前に行われたカンファレンス・コールの終盤で飛び出した。

アナリストの「(COOからCEOになった事で)何か、今まで出来なかった事が出来るようになったのか?」という趣旨の厳しい質問に対し、ハインズ氏は、「私は、大きな(経営路線の)変更は必要ないと思っている。我々は、戦略、戦術、製造過程といったあらゆる面で進化し続けている。今までも、何かをなし遂げるのに躊躇した事はなかった」と回答。簡単に言えば「経営方針は今まで通り」と宣言したのだ。

ハインズ氏はこの他にも、RIM の問題はマーケティングの弱さであると主張。製品そのものではないと強調した。

RIMの主力製品は、ご存知ブラックベリーだ。一時期大変な人気を誇った製品だが、最近では iPhone や Android に押され、人気は急落している。それはマーケティングの問題なのだろうか。ブラックベリーがハード、ソフト両方の技術面において遅れを見せており、「使いづらい」製品である事は周知の事実。そこを否定するハインズ氏の発言は、乱暴すぎるといえないだろうか。

ハインズ氏は、RIM社に迎え入れられる以前は、シーメンス社のコミュニケーション部門で最高技術責任者を務める等した技術畑の人物だ。技術分野においてはプライドを持っているのかも知れないが、もう少しRIM社の実情を直視する必要がありそうだ。

RIM社の株価は、このカンファレンス・コールを受けて、約6.5%下落した。

今度はRIMの「ブラックベリー・プレイブック」が大幅値下げ (2011年9月17日)

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中