ディズニーワールド 「肥満対策アトラクション」が閉鎖

【ニューヨーク=志茂真奈美】 フロリダ州のディズニーワールド内で非公式公開されていた、子供の肥満対策をテーマにしたアトラクションが、閉鎖された。

ハビット・ヒーローズ内のショー (Image: AttractionsMagazine via YouTube)

米紙シカゴ・トリビューンが報じたところによると、閉鎖されたのは、ディズニーワールドのテーマパークの一つ、エプコット内にある「ハビット・ヒーローズ(Habit Heroes=生活習慣のヒーロー達)」と呼ばれる新アトラクション。今年初めに非公式に公開開始、今月5日に公式オープンされる予定だったが、それが無期限に延期される事になった。

この無期限延期について、ハビット・ヒーローズへ共同出資している医療保険会社ブルークロス・ブルーシールド社は、「ハビット・ヒーローズは現在お試し期間にあります。その期間中にお客様からのフィードバックを集め、それに基づきオープンに向けて(アトラクションの内容を)調整していきたいと考えています」とコメントを発表した。

さて、一体どのようなフィードバックがあったのだろうか。

肥満への差別撲滅を訴える市民団体、National Association to Advance Fat Acceptance は、以下の声明を発表している。
「子供達へ幸せと喜びを与えると定評のあるディズニーが、差別とマイナス思考の闇に堕ちてしまった事に愕然としています」、「ディズニーはブルークロス・ブルーシールド社とともに、差別やいじめに加担しているのです。」

ハビット・ヒーローズには、極度に太った悪役キャラクターが登場する。このキャラクターのお世辞にも愛らしいとは言いかねる外見と、怠惰な生活態度等が、問題視されているようだ。

しかし、ブルークロス・ブルーシールド社も、差別助長の意図などないと反論する。「このアトラクションは、健康的な生活スタイルを楽しく啓蒙する事を目的としています。あくまで改良にむけての一時閉鎖で、近いうちに公式オープンしたいと考えています。」

ディズニーでは今後、ハビット・ヒーローズを肥満対策というより、生活習慣の改善によりスポットをあてたアトラクションにする模様。改良版ハビット・ヒーローズがいつ公式オープンするのかは、全く未定だ。

広告
カテゴリー: ニュース from US, ビジネス一般 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中