アシュトン・カッチャーの「ジョブズ映画」はインディーズ ソニー制作とは無関係

【ニューヨーク=志茂真奈美】 スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画で、アシュトン・カッチャーが主役を演じると米誌 Variety が報じたが、どうやらこの映画はインディーズもので、ソニーが制作に向けて動いている、いわゆる「正式な」伝記映画ではないようだ。

アイザック著の伝記に基づく映画は、ソニーが制作に向けて動いている (Image: The Wall Street News)

Forbes 誌が報じたところによると、アシュトン・カッチャー氏は確かに「Jobs」と題される映画で、スティーブ・ジョブズ役を演じる事に決定しているが、この「Jobs」という映画は、ウォルター・アイザックソン著のジョブズ氏の正式な伝記に基づいたものではなく、全く別のインディーズ制作版だというのだ。

アイザックソン著の伝記の映画化の権利は、すでにソニーが買い取り、制作に向けて動いている。このいわゆる「正式な伝記映画」の完成は2〜3年先になる見込み。

アシュトン・カッチャー氏は、ジョブズ氏の死に際し自らのツイッターで「会ったことも無い人物の死に、こんなに動揺するとは思いもしなかった」と発言する等、ジョブズ氏のファンであった事を公に認めている。例えハリウッド制作の大作でなくとも、ジョブズ氏を演じられる事は、光栄なのかも知れない。

しかしながらForbes 誌では、予算、スタッフ、制作期間等、制作規模の小ささを指摘。インディー版にはあまり期待できないと示唆している。

アシュトンにとって、この役を受けた事は果たして吉と出るか、凶と出るか。映画の撮影は、この5月に行われる予定だ。

広告
カテゴリー: ニュース from US, IT ビジネス タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中