米ヤフーに新CEO  「学歴詐称」のトンプソン氏退任

【ニューヨーク=志茂真奈美】 米ヤフー社の新CEOに、元フォックス・インタラクティブ・メディアのロス・レヴィンゾーン氏が暫定的に就任する事が発表された。学歴詐称が問題視されていたスコット・トンプソン氏が退任したことによる。

前任のスコット・トンプソン氏は、今年1月ヤフーのCEOに就任。大幅な人員削減を実施するなどヤフーの構造改革に取り組んでいたが、今月に入り、公式プロフィール上で実際には取得していないコンピュータ・サイエンスの学位を保持していると詐称していた事が明らかとなり問題となっていた。同氏は当初「ヘンドハンターのミス」と説明していたものの、先週になって詐称を認め、ヤフー職員に対して謝罪していた。

米紙ワシントン・ポストによると、トンプソン氏退任はこの「詐称問題」だけでなく、甲状腺癌の診断を受けた事も影響しているのではないかと見られている。

ロス・レヴィンゾーン氏(Image: Wikimedia)

ところで、暫定新CEOのロス・レヴィンゾーン氏とはどのような人物なのだろうか。米経済ニュース・サイト、ビジネスインサイダーによると、レヴィンゾーン氏は、米TVネットワークのCBS、HBO を経て、ニュース・コープ社子会社のフォックス・インタラクティブ・メディアへ。ここで買収チームのリーダーとして、Myspaceの取得を成功に導いた。その後Fuse Capital社のベンチャー・キャピタリストに転身、2010年にヤフーの北米メディア、広告ビジネス部門に参加した。

ここ数年、ゴタゴタが続く米ヤフー社。CEOは暫定就任者を含めると、過去5年間で6人目だ。レヴィンゾーン氏はあくまで「暫定CEO」なので、近いうちに正式なCEOが選出される可能性が高いが、今度こそ度重なる騒動にケリをつける事ができるだろうか。

ヤフー共同創業者ジェリー・ヤン氏、取締役会を辞任 (2012年1月17日)
米ヤフーの新CEOは、ペイパルのスコット・トンプソン氏 (2012年1月4日)
米ヤフー社のキャロル・バーツCEOが、電話一本でクビに (2011年9月6日)

広告
カテゴリー: IT ビジネス タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中