フェイスブック IPOをSECが調査へ 売上げ予想の下方修正問題で

【ニューヨーク=志茂真奈美】 IPOの直後から価格下落を続けるフェイスブック株。22日にはついに30ドル台にまで落ち込んだ。お祭り騒ぎも終焉を迎えつつあるように見えたが、ここに来て、フェイスブック IPO に関して重大な問題があった可能性が浮上、SEC(米証券取引委員会)が調査に乗り出すという。

NY タイムズ・スクエアにあるモルガン・スタンレー社 (Image: The Wall Street News)

ロイターが報じたところによると、フェイスブック IPO で主幹事を務めたモルガン・スタンレーが、ロードショー(=IPOに向けての機関投資家に対する企業説明会)の最中に、フェイスブックの売上げ予想を急に下方修正していたというのだ。IPO直前になって、売上げ予想等の重要な数字が変更される事は、極めて異例である。

The Wall Street News が入手した情報によると、この下方修正は、モルガン・スタンレー以外の幹事銀行でも行われていた。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチ社も下方修正を顧客に知らせるカンファレンス・コールを実施、修正の理由について「フェイスブックの業績が芳しくないため」と説明していた事がわかっている。

SEC (米証券取引委員会)では、このような IPO 直前の業績に関する数字変更に関して「解明すべき問題」とし、本格的な調査に乗り出す事を発表している。

広告
カテゴリー: IT ビジネス, 株式市場 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中